中古マンションを育てる日記

沖縄で中古マンションを購入し、DIYなどしながら地道に自分色に染めていく過程を記録するブログです。 大きなものを作る話から、100均アイテムでどうにかする話まで、そこそこ幅広く書いていこうと思っています。

我が家にはなんとなく捨てられない物が散乱しておりました。
旅先で買ったキーホルダーとか、景品で貰った小さなぬいぐるみとか。

まあ捨てればいいんですが、綺麗に整理しておけば別に問題無いかなーと言うことで、無印良品のキャリーボックスを投入しました。


ポリプロピレンキャリーボックス・ロック付・深 約幅36×奥行52×高さ33cm | 無印良品ネットストア

これにダイソーのA4ファイルケースがピッタリ合うのです。


あとは細かなのものをこんな風に入れて。


立てて収納出来ます。スッキリしますね。


まあ最後にはってところはありますが、とりあえず一旦整理して置いた感じです。
これ細かなものだけじゃなくて、例えば子供のプリントを学年ごとにまとめて補完してみたり、旅行に行った際のパンフレット類を旅行ごとにまとめて思い出として残したりと、いろいろ使い方はあるのかなと思っております。

そういえば、このPPキャリーボックスですが、いままでのロック無しのモデルが廃版になって、すべてロック付きのモデルになるそうです。
内寸はそのままですが、外寸がロックのぶん1センチ大きくなってます。

我が家の風呂場の窓には網戸がありません。しかし風呂場の窓は開けておきたいものです。
湿気とかいろいろ。あとはその向きにある窓が一つだけっていう理由もあります。

そんな理由で、夏場はここを開けておくことが多いんですが、虫の侵入(沖縄だと特にあの黒いヤツ)が気になっていたので、簡易的な網戸を作りました。

窓にはまるように木の枠を作ります。
木はひのきの棒をかってきました。なんとなく水に強そうだから。


こんな感じです。


あとはこの木で網戸を挟んでできあがり。
網戸は100均で200円だったやつをかってきました。


木はヒノキを使っているので、水には多少強いとは思いますが、塗装とかすきまを埋めるとかの作業がありますが、それはまた後日ということで。

リビングのテーブル裏に収納を付けていたのですが、その辺にあった適当なもので組んだだけだったので、ほとんど機能していませんでした。

諦め気味だったのですが、実家でうちの兄貴が100均アイテムを使ってうまい具合に解決していたので、それをそのまま使って収納を付けてみました。

使ったのはダイソーのジョイントA4ラックとジョイントA4トレイです。


これをテーブルの底面にネジで固定します。


こんな感じになりますね。


これにトレイを入れれば完成です。


中にはテレビやHDDレコーダのリモコンを入れてあります。


見た目がシンプルなので、デコレーションとかしても面白そうですが、とりあえず収納としては完成です。

塩や砂糖、あと冷蔵庫に入れことをオススメされている小麦粉など、台所には粉物がおおくあるのですが、そのほとんどが袋に入っているんで、そのままだと整理整頓するにはむいてません。

そこでいい収納がないかと思っていたんですが、ようやく見つけました。
まあそこまで突飛な物でもないんですが、ニトリで売っているフレッシュロックです。

それをいくつか買ってきました。

1.4lが2つ、1.1lが1つです(この後1.7lをもう一つ追加購入しています)

粉を入れるとこんな感じです。

一つ増えていますが。
左から小麦粉(1kg)、塩(1Kg)、砂糖(1Kg)、コーヒー粉(400g)です。それぞれ1.7l、1.4l、1.4l、1.1lに入っています。

塩に入っているのは、除湿用の珪藻土スティックです。


こうすればあとはどこに置くかだけですね。

小麦粉は野菜室に収納。


コーヒー粉はとりあえず棚に。

コーヒーの隣の麦茶を入れている容器は次のネタということで。

これで粉物の整理整頓に苦労することはなくなりそうです。

一回やってみたかったんですよね、タイル貼り。
見よう見まねでやってみたところ、苦難の道でした。最初からうまくいくことはないなーということで、その記録を。

キッチンの天板はこんな感じです。防水性も何もないし、無骨です。


それにこういう風にタイルを貼ってみます。(完成予想図)


タイルの接着剤で貼り付けます。

うまくいっているようですが、何度もやり直し。たぶん粉の接着剤を買ってきたからでしょうね。

その後で周りに木の枠を付けます

ここでもミスが。木の枠とタイルの間を開けてしまったのが悪かったかなと。そこに目地はいらなかったんじゃないかと思っています。

木の枠を付けたら今度は目地。

一旦塗った後で、軽く拭いて目地を凹ませる必要があったのですが、タイミングがわからずでこぼこに。うーん、難しい。

木の枠に色を塗って完成です。


カウンターに取り付けてみました。うーん・・・


とりあえず天板出来ましたが、改良したいなと思います。

キッチンとリビングの間に作った仕切り棚に、マグネットが使える壁を作りました。
参考:リビングダイニングキッチンを分離したい(仕切り棚DIY編) : 中古マンションを育てる日記
これがあれば学校からのプリントをマグネットで掲示できます。

まずは100均で買ってきたブリキ板に色を塗ります。



今回は棚と同じセリアのアースホワイトで塗装しました。


これが貼り付ける前。


ブリキ板を張り付けると、磁石でプリントが掲示できました。
同じ色で塗ったので、遠目からだと見た目の変化はほとんどありません。

学校からのプリントって大事なものなので、すぐに目に付く場所にあって欲しいんですが、画鋲で壁に付けるのもなかなか面倒。
冷蔵庫に磁石で掲示しておくのが一番だなーという所から、このアイデアにたどり着きました。
シンプルですが、なかなかいいDIYだなと思っています。

無印のファイルボックスに一手間かける で黒板付きのファイルボックスを作製したのですが、いろいろと問題がありました。

・構造がヤワで木材がすぐに取れる
・どうも原因は黒板塗料の上に木材を貼ったことらしい
・黒板塗料がはがれやすいらしい

そんな感じで家族からクレームが付いたので、改良してみました。

まずは真っ新な状態にしました。


今回使うのは黒板シートです。セリアで売っておりました。


これをファイルボックスに貼り付けます。気泡が見えるのはご愛敬と言うことで。


周りの木材を貼り付ける部分だけシートを切り取ります。
木材をファイルボックスをしっかりと貼り付けるための対応でございます。
ちとピンぼけ写真しかないのはご了承ください。


そして木材を貼り付ければ完成。


前回のと機能を比べると、ブリキのシートを外しているのでマグネットが付かなくなりました。
機能を取るか、耐久性を取るかを考え、耐久性を優先してみました。
これで今度はクレーム付かないといいなー。

ラベルを作るために、ネームランドを持っているのですが、気になったラベルライターがあったので購入してみました。

DYMOというラベルライターです。


ネームランドと違って、テープに刻印するような感じでラベルを作っていきます。
つまりある程度力を込めないと文字が綺麗に出ないんですよね。

まずはお試しで、カメラのバッテリー充電器のラベルを付けてみます。

ネームランドで作ったラベルはこんな感じ。


これをDYMOで作ったラベルに交換するとこうなります。

いい味出てますよねー。

バッテリー充電器のラベルを交換して、こういう具合になりました。


英字だけ刻印できるタイプを買ったので、英字でも大丈夫そうなラベルをこれで作っていきたいなーと思っています。